ダニエル太郎 世界40位との1回戦に臨む。ダブルスではジョコビッチ兄弟が初戦に登場

©株式会社WOWOW

「全豪オープン」でのダニエル太郎

■「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月14~21日/クレーコート)

15日の大会2日目。男子シングルス1回戦で世界72位ダニエル太郎(日本/エイブル)と世界40位フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)が対戦する。両者は今回が初対戦。

ダニエルは、4月8日から行われた「ATP250 マラケシュ」では準々決勝で敗退。その後に臨んだモンテカルロの予選では1回戦突破も、予選決勝ラウンドで世界70位のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)に敗れた。しかし、タナシ・コキナキス(オーストラリア)が棄権したことにより、ダニエルはラッキールーザーでの本戦出場となった。

そんなダニエルは、ラッキールーザーでの出場は今シーズン3度目。なお、過去2度の「ATP250 ブリスベン」と「ATP250 シドニー」では、残念ながらチャンスを生かせず初戦敗退となっていた。

今回、ランキングで格上のコールシュライバー相手にどのような試合展開を見せるか注目だ。両者の対戦は、日本時間20時頃に開始予定。

第15シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)は世界44位のヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と対戦する。両者は今回が2度目の対戦でシャポバロフの1勝0敗。

4月15日に20歳となるシャポバロフは、直近の出場大会「ATP1000 マイアミ」ではベスト4進出。なお、準決勝ではロジャー・フェデラー(スイス)と対戦し敗れていた。

このほか、第10シードの23歳ダニール・メドベージェフ(ロシア)は世界51位のジョアン・ソウザ(ポルトガル)と、第13シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)は予選勝者の世界90位アンドレイ・ルブレフ(ロシア)と対戦する。

またダブルス1回戦には、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が弟のマルコ・ジョコビッチ(セルビア)とペアを組んで登場。第4シードのフアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)に挑む。

二人は兄のノバクがシングルス世界1位の31歳、弟のマルコがシングルス世界574位タイの27歳と、4歳差の兄弟。

ペアを組んでATPツアーのダブルスに出場するのは通算7度目で、今シーズンに限ると2度目となる。今年出場した「ATP250 ドーハ」では、ベスト4進出を決めていた。

◇ ◇ ◇

【4月15日の注目ドロー】

◆「ATP1000 モンテカルロ」

男子シングルス1回戦

[LL]ダニエル太郎(日本/エイブル)対 フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)

[10]ダニール・メドベージェフ(ロシア)対 ジョアン・ソウザ(ポルトガル)

[13]ファビオ・フォニーニ(イタリア)対 [Q]アンドレイ・ルブレフ(ロシア)

[15]デニス・シャポバロフ(カナダ)対 ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)

[Q]ギド・アンドレオッシ(アルゼンチン)対 [16]ダビド・ゴファン(ベルギー)

男子ダブルス1回戦

[WC]マルコ・ジョコビッチ(セルビア)/ノバク・ジョコビッチ(セルビア)対 [4]フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」でのダニエル太郎
(Photo by Scott Barbour/Getty Images)