横浜流星、本気の熱量で臨んだ『チア男子!!』完成に笑顔!

©株式会社シネマトゥデイ

横浜流星

 俳優の横浜流星が15日、都内で行われた映画『チア男子!!』完成披露試写会に登場し、高い熱量を持って臨んだ本作への思いを語った。

イケメンずらり!横浜流星、中尾暢樹、浅香航大ら“BREAKERS”メンバー【写真】

 直木賞作家・朝井リョウの同名小説を実写映画化した本作。ケガをきっかけに幼い頃から続けてきた柔道をやめた大学生の晴希(横浜)が、親友の誘いで始めたチアリーディングを通じて仲間と成長していく姿を描く。この日は、横浜とともに男子チアチーム“BREAKERS”のメンバーを演じる中尾暢樹瀬戸利樹岩谷翔吾菅原健小平大智浅香航大、監督を務めた風間太樹も姿を見せた。

 360度観客に囲まれたステージに横浜が登場すると、約450人のファンから「流星くん!」という大歓声が。横浜は「すごい熱気。嬉しいです」と目を丸くしながら喜びを口にした。横浜はチアの練習に明け暮れた3か月を振り返って「熱量を持って作った作品をみなさんに観ていただけると思うとワクワクします」と客席に笑顔を向けた。

 イベントでは、本作のモデルとなった早稲田大学男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”による生パフォーマンスが行われる一幕も。アクロバティックな演技に会場は大盛り上がりとなった。

 劇中では、本家に負けず劣らずの演目に挑んだという横浜たち“BREAKERS”メンバー。浅香はラストのチアのシーンを見どころにあげながら「これは言うかどうか迷ったのですが、流星がそのシーンの前日に大ケガをして……」と裏話を披露。ほかのメンバーも「お蔵入りするかと思った」と声があがったが、横浜は苦笑いを浮かべながら「いやいや」と答えて「3か月間頑張ってきたことを無駄にしたくなかったので、痛み止めをめちゃくちゃ飲んでやりました」と撮影を乗り越えたことを明かした。

 また、司会者から「新しい元号になって始めたいこと」と聞かれた横浜は「健康的な生活を始めたい」と目標を掲げる。会場から「ご飯食べてる?」と心配する声があがると「作品に入るとのめり込みすぎて食を忘れてまったり、つい激辛料理を食べたり、炭酸ばかり飲んでしまったり。でも今は激辛も炭酸もやめています」と笑みを浮かべた。(磯部正和)

映画『チア男子!!』は5月10日より公開