小嶋陽菜:バニーガール風の超ミニワンピで観客魅了 スパンコールのミニドレス、ファースカートの装いも

©株式会社MANTAN

女性ファッション誌「sweet」の創刊20周年イベント「sweet collection 2019」に登場した小嶋陽菜さん

 アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで、モデルの小嶋陽菜さんが13日、東京都内で開かれた女性ファッション誌「sweet(スウィート)」(宝島社)の創刊20周年イベント「sweet collection 2019」に登場した。小嶋さんは黒いウサギの耳を頭に着け、ヒップに白い“しっぽ”が付いた超ミニ丈の黒いタイトワンピというバニーガール風の装いで観客を魅了した。

 ほかに、肩にピンクのリボンをあしらったスパンコールのミニワンピース、胸元がシースルーでインナーを見せるデザインの白いTシャツに、ピンクのファースカートを合わせた装いでも登場した。また、シークレットゲストとして登場した元「AKB48」の渡辺麻友さん、「AKB48」の加藤玲奈さんらと同グループの楽曲「ハート型ウイルス」を、ランウエーを歩きながら熱唱し、会場を沸かせた。

 イベントのテーマは「20周年大感謝祭」で、会場には同誌の読者約1300人が招待された。ほかに紗栄子さん、アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん、モデルのマギーさん、女優の今田美桜さんらが出演した。