コロンビアのパンタノがEPOで違反が疑われる分析報告を通知された

©株式会社八重洲出版

国際自転車競技連合(UCI)は、コロンビアのハーリンソン・パンタノ(トレック・セガフレード)が、2月26日に行われた競技外のアンチ・ドーピング検査で、エリスロポエティン(EPO)の「違反が疑われる分析報告(AAF)」を通知されたと発表した。

UCIアンチ・ドーピング・ルールに基づき、パンタノには暫定的な資格停止処分が下された。トレック・セガフレードも、彼を資格停止処分にしたと発表している。

UCI公式サイト