中村アンが大胆公開“純白の下着姿”に「何て美しさだ!」と感嘆の声

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

中村アン 

(C)まいじつ

健康的で抜群のスタイルと評判のモデル出身女優・中村アンが注目を浴びている。現在、『ピーチ・ジョン』の〝ミューズ〟を務めており、ネットの特設ページでは2019年夏シーズンの新作を披露。純白のランジェリー姿に男性だけでなく、女性からも感嘆の声が上がっているのだ。

ネット上では、

《これは美し過ぎる!》
《純白って勇気いるけど、ここまで似合うなら全然OKだよね》
《このスタイルの良さは反則だろ》

など、大絶賛の嵐だ。

 

中村アンなら“不潔”に感じない不思議

「中村はもともと、芸能界にはあまり興味がなかったようで、大学3年時には真面目に就職活動をしていたくらいです。しかし、現在の事務所から何度もオファーを受け、最終的に業界入りを決めました。当初は競輪のイメージキャラクターなどモデルとして活躍していましたが、2013年に〝不潔キャラ〟としてブレーク。数々の不潔エピソードが逆に親しみやすさにつながり、人気となりましたね」(芸能記者)

14年に放送された『噂の現場直行ドキュメンガンミ!!』(TBS系)では、3日に一度しか髪の毛を洗わないことを告白し、司会の『雨上がり決死隊』宮迫博之から「おっさんのニオいがする」と指摘されている。他にも洗濯する前の服で床やテーブルを拭く、自称〝エコ〟エピソードを披露したこともある。

「決して几帳面な性格ではないようですが、不潔エピソードは、当時、春香クリスティーンや渡辺直美、安田美沙子なども披露しており、一種のネタ的な流行に合わせていたともいえますね。本当にだらしがなかったら、あのスタイルは絶対に維持できませんよ。今でもボディーケアにはかなりの時間をかけており、日頃からハードトレーニングに励んでいるようです」(同・記者)

4月21日からスタートする日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系)では、銀行の法人営業1課の主任役を務めるなど、近年は女優としての活躍の場を広げている。

学生時代には枕営業を持ち掛けられたこともあるという中村。現在の人気になるまではかなりの苦労もあったというが、それも本人の努力が報われたからだろう。サバサバとした毒舌キャラは、バラエティーよりもむしろ女優向きだ。

同じようにスタイル抜群で人気となっている菜々緒を超える日も、近いかもしれない。