嵐・二宮和也、ゲームで知り合った“一般人”の友人を家に泊まらせると発言しファン騒然

©株式会社ドットレンド

4月14日のベイエフエム「BAY STORM」にて嵐の二宮和也が、ゲームにまつわるエピソードを披露した。

春は新生活がスタートする季節。他人と親交を深めるにはやはり共通の話題が必要だという二宮である。

二宮は「(互いに)同じ趣味の方が(会話に)広がりはあるよね」とし、自身の経験談について続けた。

二宮は「俺もゲームで知り合った友達いるけど。普通の一般人だけど。それもやっぱり、最初(意気投合したのは)“パズドラ”だったもんな。不思議な縁だよな」と明かしたのだ。

ゲームを通じて知り合った「同い年」の友人がいるという二宮。BAY STORMでのトークと同様にやはり私生活でも“パズドラ”の話は舌好調になるようで、パズドラ談義で盛り上がったのが仲を深めたキッカケだという。

その友人は「ずっと横浜にいたんだけど。去年、『田舎帰る』って岩手に帰って」とのことで、そんな友人がこのたび久々に上京してくるのだそう。

二宮は「今度、4月だったかな?3月の終わりだったかな?に、『東京来る』って言ってたんで。『泊まらしてくれ』って言ってましたね。だから、『どうぞ』とは言っといた」と語った。

一般人がゲームを通じて二宮和也と知り合える世界にネットは騒然。Twitterには「ゲームで知り合った相手がニノやったらびっくりする」、「ゲームで知り合った一般人で二宮和也が出てきたらビビる」、「二宮和也とゲーム繋がりでお友達になれるの?やばくない?」などと反響が広がっている。