季節先取りの暖かさ続く

©株式会社ウェザーマップ

16日は、北~西日本の広い範囲で晴れていますが、西から前線を伴った低気圧が近づいてくる影響で、南西諸島では曇りや雨となり、17日明け方にかけて雷を伴い激しく降る所もあるでしょう。九州では夜遅くになると雨の降り出す所がありそうです。17日は九州では午前中、西~東日本の太平洋側では沿岸部を中心に一時的に雨の降る所があるでしょう。

また、北日本には、沿海州付近からのびる前線に向かって、この時季としてはかなり暖かい空気が流れ込んできています。そのため、17日は北日本中心にさらに気温が上がり、札幌の予想最高気温は24℃と、那覇よりも高くなる予想となっています。前線通過後の19日は再び北日本に寒気が入り平年並みとなる見込みですが、北日本の季節先取りの暖かさは18日にかけて続くでしょう。

気象予報士・佐藤 温子

画像について:16日発表の週間予報