秘仏23年ぶり公開、埼玉・熊谷

妻沼聖天山歓喜院

©一般社団法人共同通信社

妻沼聖天山歓喜院の「御正体錫杖頭」

 本殿が国宝に指定されている高野山真言宗の妻沼聖天山歓喜院(埼玉県熊谷市)は16日、今年で創建840周年になることなどから、国指定重要文化財の本尊の秘仏「御正体錫杖頭」を23年ぶりに公開した。22日まで。

 熊谷市立江南文化財センターによると、歓喜院は1179年創建。本尊は歓喜天と呼ばれる約10センチの男女の仏。つえの上部を模した高さ約47センチの置物の中央部で抱き合う姿をしており、縁結びの御利益があるとされる。普段は仏像などを安置する厨子の中に、布に包んで納められており、慶事などの際に不定期で公開されてきた。