黒石よされで踊りの輪、ねぶた囃子も盛り上がる/東京青森県高校同窓会連合会/約100人が親睦

©株式会社東奥日報社

輪になって黒石よされを踊る高窓連祭の参加者

 青森県内高校の在京同窓会で組織する東京青森県高校同窓会連合会が14日、東京・市ケ谷で本年度総会「高窓連祭」を開き、約100人が親睦を深めた。

 石沢陸奥男会長(弘前東高校同窓会関東支部)が「昨年は台風で、恒例のバーベキュー祭りが中止になりましたが、今年も秋にやります。明るく楽しく笑顔の絶えない高窓連に皆さまのご協力を」とあいさつ。

 来賓の東京青森県人会の佐藤英明会長が祝辞を述べた。今年白寿を迎える三農OBの佐川猛三さん(98)には祝いの品を贈った。

 懇親会では、お楽しみ抽選会に続いてねぶた囃子(ばやし)や登山囃子演奏が披露され、ハネトも登場して盛り上がり、黒石よされではたくさんの参加者で踊りの輪ができた。

 フィナーレは全員が手をつないで「高校三年生」を熱唱。再会を誓い合った。