ドローン規制法改正案が衆院通過

在日米軍基地上空の飛行禁止

©一般社団法人共同通信社

ドローン規制法改正案を賛成多数で可決した衆院本会議=16日午後

 小型無人機ドローンによる自衛隊や在日米軍基地上空の飛行禁止を盛り込んだドローン規制法改正案は16日、衆院本会議で与党などの賛成多数により可決され衆院を通過した。与党は今国会中の成立を目指している。

 日本新聞協会は「取材活動を大きく制限し、国民の知る権利を侵害する」と反対している。衆院内閣委員会は取材目的の飛行について「国民の知る権利と取材・報道の自由」の確保を政府に求める付帯決議を採択した。

 改正案は、9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会と来年の東京五輪・パラリンピックの会場についても、大会期間中は取材メディアを除き上空の飛行を禁止する。