ネイマールをも超えた!? バルサ会長も絶賛する新ユニットMS”D”に入る男

©株式会社FACTORIES

バルセロナのデンベレ photo/Getty Images

2014-15シーズンには3冠を達成するなど、バルセロナが抱えていたMSNは史上最強のユニットとも言われた。MSNとはリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの3人で構成される前線トリオのことだ。

これに敵うユニットはもう出てこないとも言われていたのだが、今のバルセロナにはMSDがある。MSDとは、メッシ、スアレス、そしてウスマン・デンベレのトリオで構成されるものだ。ネイマールはパリ・サンジェルマンへ向かったが、その後釜となったデンベレがすっかりチームに馴染んでいる。

スペイン『TVE』によると、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はデンベレがネイマールを超える実力を持つと絶賛する。今ではMSNを懐かしむ声も減りつつあり、デンベレは穴を埋めることに成功したと言えるのではないか。

「デンベレのレベルは今ネイマールり良い。彼はネイマールよりずっと良い選手だよ。彼はすでに適応した」

同会長はこのように語っている。当初はフィリペ・コウチーニョがネイマールに代わって左のウイングを務めるとも思われたのだが、デンベレはコウチーニョをも超えている。スピード、突破力ともに申し分なく、得点力をもう少しプラスできれば本当にネイマールをも超えられるかもしれない。