「集団の中で一番冴えない男に迫る」大久保佳代子、アンゴラ村長が目撃した、“姫”扱いされた勘違い女の行動

©株式会社AbemaTV

 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#109(毎週月曜よる9時~)が4月15日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。男集団の中で“姫”扱いを受けて勘違いする“紅一点ブス”のエピソードが話題になった。

 オアシズ・大久保佳代子は、姫扱いから“アネゴ”に進化した紅一点ブスについて「喫煙所に行く時に、男性に『みんな行くよ~』って声をかける。喫煙所で男に囲まれて、紅一点になっている」と目撃談を披露。「人力舎(自身が所属する芸能プロダクション)のマネージャーにいる」「アドバイスがあると言って喫煙所に連れていく」と例を挙げると、大久保と同じプロダクション人力舎所属の芸人・後藤奈央も思い当たったようで、「密室だから身体を触っている」と、大久保の意見に同調した。

 また、アンゴラ村長は「集団の中で一番冴えない男に迫るブス」を見たと告白。その女性は紅一点だったので男性を選び放題なのかと思っていたところ、一番地味でパッとしない人に迫っていて疑問を持ったそうだ。しかし、それがその女性の狙いで、「他の男性が『コイツがイケるんなら、自分もイケるんじゃないか』って誤解する」「いつの間にか追われる女になっていて賢かった。ノーベル賞並みの発明と思った」と、女性の真の狙いに気付いた時の驚きを明かした。

 自分がモテているという感覚を得るために、紅一点ブスはさまざまな策を講じているようだ。

(c)AbemaTV

【見逃し配信中】“紅一点ブス”の実態を暴け! おぎやはぎの「ブス」テレビ#109