『シャザム!』V2!『ヘルボーイ』は3位デビュー【全米ボックスオフィス考】

©株式会社シネマトゥデイ

『シャザム!』が好調 - (c) 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 先週末4月12日~4月14日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、DC映画『シャザム!』が興行収入2,445万3,514ドル(約27億円)で2週連続となる首位に輝いた。累計興収は9,422万6,527ドル(約104億円)に達した。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

【動画】『シャザム!』日本語吹替は菅田将暉

 2位には、ある日突然、少女の姿に戻ってしまったパワハラ上司を描いたファンタジーコメディー『リトル(原題) / Little』が興収1,540万5,455ドル(約17億円)で初登場。アメコミ原作のリブート版『ヘルボーイ』は、興収1,204万5,147ドル(約13億円)で3位デビューと苦戦気味だ。ニール・マーシャル監督とプロデューサー陣の確執も話題になり、公開規模が小さい『リトル(原題)』に遅れを取ってしまった。

 このほかの初登場組では、ワン・ダイレクションハリー・スタイルズを題材にしたファンフィクションで、書籍化されるやベストセラーとなった恋愛小説を基にした『アフター(原題) / After』が8位。予想を上回る興収600万2,349ドル(約6億6,000万円)を稼ぎ出した。

 一方、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』などで知られるアニメーションスタジオ・ライカの新作『ミッシング・リンク(原題) / Missing Link』は、『ヘルボーイ』以上の館数で公開されたものの、興収594万4,950ドル(約6億5,000万円)しか上げられず9位に沈んだ。大規模公開されたライカ作品の中では、最低の成績だ。毛むくじゃらで巨大な猿のようなミスター・リンクが、人間の探検家の助けを借り、親戚たちを探す旅に出る姿を描いた。ボイスキャストはザック・ガリフィナーキスヒュー・ジャックマンなど。

 今週末は、ホラー映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』などが公開される。(編集部・市川遥)

4月12日~4月14日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(1)『シャザム!』
2(初)『リトル(原題) / Little』
3(初)『ヘルボーイ』
4(2)『ペット・セマタリー(原題) / Pet Sematary』
5(3)『ダンボ
6(5)『キャプテン・マーベル
7(4)『アス(原題) / Us』
8(初)『アフター(原題) / After』
9(初)『ミッシング・リンク(原題) / Missing Link』
10(6)『ザ・ベスト・オブ・エネミーズ(原題) / The Best of Enemies』