ロボット「ペッパー」話し上手に

AI刷新、初の大規模改良

©一般社団法人共同通信社

大規模改良されたソフトバンクグループの人型ロボット「ペッパー」=16日、東京都港区

 ソフトバンクグループの人型ロボット「ペッパー」が、初の大規模改良でより自然な会話ができるようになった。米グーグルや日本マイクロソフトの技術を活用し、人工知能(AI)を刷新。あらかじめ設定した内容以外の話にも応じられる。ソフトバンクは16日、家庭向けとビジネス向けで予約受け付けを始めた。家庭向けの料金は本体価格が21万3840円。

 新型ペッパーに改良点を尋ねると「いろいろあるけど、ひとまずは会話です。お話ししましょう」と身ぶりを交えて答えた。改良で自然な受け答えができる割合や継続可能な会話数が約7倍に向上したという。