大阪地検に電子鑑識部署を開設

削除された記録を復元

©一般社団法人共同通信社

 大阪地検はパソコンやスマートフォンから削除されたメールなどの記録を復元する「デジタルフォレンジック」(DF、電子鑑識)を担当する部署を4月に開設した。大阪、広島、高松、福岡の各高検管内の捜査や公判を支える。東京地検では2017年、同様のDF専門部署が発足している。

 関係者によると、名称は「大阪DFセンター」で設置は1日付。民間企業からDFの専門家を採用した。捜査で押収したデータの解析、破壊された電子機器からのデータ抽出、防犯カメラの画像補整などを主な業務とする。専門知識を持つ検察の人材育成も担う。