貸会議室大手TKPが事業本格化

オフィスなど1500拠点に拡大

©一般社団法人共同通信社

記者会見する貸会議室大手ティーケーピーの河野貴輝社長=16日、東京都内

 貸会議室大手ティーケーピー(TKP)の河野貴輝社長は16日、東京都内で記者会見し、貸会議室やオフィスを今後10年間で国内約1500拠点に拡大する目標を明らかにした。現在は貸会議室など約250拠点を展開しており、オフィス事業を本格化させる。働き方の多様化で見込まれる需要増に対応する。

 TKPは、レンタルオフィスブランド「リージャス」などを展開するスイスのIWG傘下の日本リージャスホールディングスの全株を約470億円で取得すると15日に発表した。日本リージャスは、全国約150拠点でレンタルオフィスなどを展開している。