LINE、小説特化の新サービス

読書や投稿、文学賞も

©一般社団法人共同通信社

令和小説大賞への投稿を呼び掛ける乃木坂46の高山一実さん=16日午後、東京都内

 通信アプリを手掛けるLINE(ライン)は16日、小説に特化した、読書や投稿もできる新サービス「LINEノベル」の提供を発表し、作品の投稿受け付けを開始した。スマートフォン上で小説が読めるのは無料アプリの提供が始まる今夏から。

 同社は、文学賞「令和小説大賞」の創設も発表。日本テレビなどと共催で才能の発掘に努める。

 LINEノベルには新潮社や講談社、KADOKAWAなど大手出版社も参加。今夏のサービス開始時点で伊坂幸太郎さんの「オーデュボンの祈り」など200作品と、LINEノベルのオリジナル作品も約50作品を配信する。

LINEノベルについて発表するLINEの森啓執行役員=16日午後、東京都内