いじめ指針違反、再調査申し入れ

女子生徒側、山口・宇部

©一般社団法人共同通信社

 山口県宇部市立中の女子生徒が訴えたいじめの調査で、市教育委員会と第三者委員会が国のガイドラインに違反し、調査手法などを生徒側に事前通知していなかったとして生徒側が16日、市に再調査を申し入れた。

 申し入れ後、生徒の代理人弁護士が取材に応じ「ガイドラインに沿わず不十分な調査だった。再調査で事実を明らかにしてほしい」と話した。第三者委は2月、いじめは確認できなかったとの報告書をまとめている。

 市教委は「ガイドラインの内容を把握していなかった。心からおわび申し上げる。対応は不十分だったが、第三者委の調査結果は尊重したい」としている。