富山大病院、腫瘍見落としで悪化

患者その後死亡

©一般社団法人共同通信社

患者の病状悪化について、記者会見で陳謝する富山大病院の林篤志病院長(左)ら=16日午後、富山市

 富山大病院は16日、コンピューター断層撮影(CT)検査で腫瘍の可能性があると指摘されたのに、担当医が見落としたため発見が遅れ、患者の病状を悪化させたと発表した。患者は今年、見落とした箇所のがんが原因で死亡した。病院は生存期間が短くなったことを認め謝罪したが、「死亡と見落としに因果関係はない」としている。

 病院によると、患者は同病院の泌尿器科で以前にがんの手術を受けた後、定期的にCT検査を受診。2018年春の検査で、放射線科の医師が、手術をしたのとは別の部位に腫瘍の可能性を見つけ、「腫瘍が疑われる」と画像診断報告書に記載した。