大阪副市長を副知事に起用へ

万博、IR誘致へ態勢強化

©一般社団法人共同通信社

 吉村洋文大阪府知事は16日、大阪市の田中清剛副市長(68)を副知事に起用する方針を明らかにした。5月開会の議会に人事案を提出する。2025年大阪・関西万博や、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致などを控えて態勢強化を図る。府によると、市幹部が副知事になるのは初めて。

 田中氏は大阪市の技術部門を総括する立場で、吉村氏は「府市一体の戦略、改革を強化する。大阪全体の成長戦略を府がリードして進めるのにふさわしい人材だ」と市内で記者団に語った。

 田中氏は京都大卒で1975年に大阪市に入庁。土木部長や建設局長などを務め、12年に副市長に就任した。