公立夜間中で入学式、千葉・埼玉

4月開校、学び直しや外国人

©一般社団法人共同通信社

川口市立芝西中学校陽春分校の入学式に臨む新入生=16日午後、埼玉県川口市

 千葉県松戸市と埼玉県川口市で今月開校した公立夜間中学は16日、最初の入学式をそれぞれの校舎で開いた。両校の新入生には、不登校のまま中学を卒業し、学び直そうという人がいるほか、外国人も多い。

 入学式があったのは、松戸市立第一中みらい分校と、川口市立芝西中陽春分校。みらい分校の生徒は10~70代の男女22人で、うち9人は中国人やブラジル人などだ。校舎は廃校の小学校を活用する。陽春分校は埼玉県初の公立校で、生徒は10~80代の男女77人。うち47人を外国人が占める。

 国は外国人の増加などによる需要の高まりを受け、各都道府県に1校以上の設置を促している。