「平成」での日付の表記がある許可書等は改元後も引き続き有効です

東京都港区 広報みなと2019年4月11日号

©株式会社VOTE FOR

既に区民・事業者の皆さんの手元にある、区が発行した許可書、各種通知書、証明書、委嘱状等の文書(ちぃばすの無料乗車券、子ども医療証等)の日付は、5月1日以降の日付についても「平成」で表記している場合があります。
「平成」で表記した日付であっても、新元号(令和)で日付を表記したものと効果は変わらず、引き続き有効です。
5月1日以降の日付で「平成」で表記されている場合は、「令和」で該当する日付に読み替えて、引き続き保管してください。
なお、新元号が定められた後に作成する文書でも、一部システム改修等の都合により、5月1日以降の日付を「平成」表記のまま発送する場合もありますが、ご理解とご協力をお願いします。

■読み替えの例
平成31年 令和元年
平成32年 令和2年
平成33年 令和3年
平成34年 令和4年
平成35年 令和5年