巨8―2広(16日)

巨人、投打がかみ合う

©一般社団法人共同通信社

7回2失点で3勝目を挙げた巨人・山口=平和リース

 巨人は投打がかみ合った。一回にゲレーロの左前打で先制し、二回はビヤヌエバの二塁打などで加点。七回は岡本、陽岱鋼の本塁打で突き放した。山口が6四球を与えながら7回2失点で3勝目。広島はジョンソンの4失点が痛かった。