巨人が新打順で快勝 対広島3連勝 先発山口3勝目 昇格即先発山本が2安打&好走塁

©株式会社Creative2

巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

4番・岡本がダメ押しの6号ソロ 2年連続鹿児島での一発

■巨人 8-2 広島(16日・鹿児島)

 巨人は16日、鹿児島で広島と対戦し、8-2で快勝した。先発した山口が7回2失点の力投。これで開幕から無傷の3戦3勝と好調をキープ。投打がかみ合い、広島戦3連勝となった。

 この日は1番・坂本、2番・丸という新オーダーで挑んだ。坂本は初回に左前安打からチャンスメークし、ゲレーロの適時打で先制。坂本は2安打1四球だった。2回には山本の四球、小林の安打などから満塁の好機を作ると丸の三ゴロで1点。ビヤヌエバの当たりは、左翼の松山へ。ボールと照明が重なり、捕球できずに後逸してしまい、2者が生還した。

 6回は「7番・二塁」で1軍昇格即スタメンとなった山本が躍動した。右前安打で出塁すると、広島・菊池の暴投で二塁へ向かった。視線を本塁に向け、スピードを緩めず三塁へ。ヘッドスライディングで到達し、チャンスを広げた。続く、小林の振り逃げの間に山本が生還。原監督が首脳陣らが手を叩いて山本を称えた。山本はマルチ安打と懸命なプレーを見せた。

 その後も岡本の2年連続鹿児島での本塁打となる6号ソロ、陽岱鋼にも今季1号が出て、快勝した。(Full-Count編集部)