金本知憲は「優しくなった」?新井貴浩が“アニキ”を強烈イジリ

©株式会社ドットレンド

5月17日(水)放送のMBSテレビ『戦え!スポーツ内閣』に、昨季限りでプロ野球の現役を引退した新井貴浩が登場する。猛練習で知られた新井だが、「練習が好きなタイプではなかったし、『やらないといけない』と思って練習をやっていただけなので」、初めてプレーをしないプロ野球シーズンを迎えて「解放感がある」という。

番組では、プロ野球解説者の金本知憲氏との“師弟関係”について話が及んだ。ファンのイメージでは“アニキ”金本氏と“弟分”新井という関係だが、当の新井は金本氏について「僕がお兄ちゃんで金本さんが弟のような」と表現。MCのブラックマヨネーズ小杉竜一が「『このタイミングで冗談やめてよ』っていうときはなかったですか?」と質問すると、新井は「いつも思ってました」と即答した。

さらに、出演者の稲村亜美が「今年、新井さんも金本さんのおふたりとも解説者となったじゃないですか。いまの関係性はどうなんですか?」と聞くと、新井は「優しくなりましたね」とコメント。その理由については「やっぱり、(色々)苦労されたんじゃないですか」と満面の笑みで話した。「自分が苦労しないと人には優しくなれない。ですから、金本さんはすごく成長したと思います!」と含みを持たせたコメントを出すと、MCの武井壮や出演者でプロ野球解説者の狩野恵輔から「悪いなー!」と声が上がった。さらに小杉も「(そんな事は)新井さんしか言えない!」と笑いを誘っていた。