中日、4戦ぶり復帰の平田が決勝弾 与田監督も目細める「勢いに乗せる先制点」

©株式会社Creative2

中日・平田良介【写真:荒川祐史】

低めのスライダー捉え「体が自然と反応しました」

■中日 7-1 DeNA(16日・ナゴヤドーム)

 中日は16日、本拠地ナゴヤドームでのDeNA戦に7-1で快勝し、再び貯金生活に入った。13安打7得点を奪った打線に勢いを与えたのは、この日4試合ぶりにスタメンに復帰した平田良介外野手の一振りだった。

 3回だ。先頭打者として打席に入ると、DeNA先発のドラフト1位ルーキー上茶谷の低めのスライダーを捉えた。「とにかく塁に出ることを考えていた。体が自然と反応しました」。快音を残した打球は左中間スタンドへ。右手首の故障のために欠場した3試合の鬱憤を晴らすかのような今季初アーチとなった。

 この一発で勢いづいた中日打線は、この回一挙に4得点。その後も4回、5回、8回にも1点ずつ加点してリードを着実に広げていった。大島を除く先発野手7人が1打点ずつマークする打線の繋がりを発揮。これを呼んだのが、与田剛監督も「勢いに乗せる先制点」と称える平田の一発だった。

 右手首の故障で欠場していた3試合を「勝ってくれという気持ちで見ていました」という平田。欠場で打撃面には「多少のズレはあった」というものの、それを感じさせずに2安打を放ち「2打席目で修正できたと思います。打席に立たないと補えないので」と語っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)