米、農産物輸出の拡大要求

貿易交渉、対日赤字に不満表明

©一般社団法人共同通信社

2日目の協議に向かう茂木経済再生相=16日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】日米両政府は16日(日本時間17日)、2日間にわたって米ワシントンで開いた閣僚による新たな貿易交渉の初協議を終えた。米国は巨額の対日貿易赤字に不満を表明し、農産物輸出を拡大できるよう求めた。今回決める予定だった貿易交渉で扱う対象範囲の確定は見送られた。一方、インターネットを使った商取引や音楽配信などのデジタル貿易分野も協議することで合意。農産物や工業製品の関税分野は本格的な交渉に入った。

 茂木敏充経済再生担当相は、米側から対日赤字を減らしたいと要請があったと説明。米通商代表部(USTR)は、巨額の貿易赤字を取り上げたとの声明を出した。