2町長、5町議選告示 長与、小値賀町議は無投票

©株式会社長崎新聞社

 統一地方選後半戦の東彼東彼杵、北松小値賀の2町長選と西彼長与、時津、東彼川棚、東彼杵、北松小値賀の5町議選が16日、告示された。東彼杵町長選は現職と新人の一騎打ち、小値賀町長選は現職に新人2人が挑む三つどもえの戦いとなった。長与(定数16)と小値賀(同8)の2町議選は無投票当選が決まった。時津、川棚、東彼杵の3町議選は選挙戦に突入した。
 東彼杵町長選は届け出順に新人で元町議、岡田伊一郎候補(65)と、3選を目指す渡邉悟候補(70)=いずれも無所属=が立候補し、16年ぶりの選挙戦になった。
 小値賀町長選は届け出順に、3期目に挑む西浩三候補(73)、新人で元町職員の西村久之候補(61)、新人で元国際協力機構(JICA)職員の小金丸梅夫候補(70)=いずれも無所属=が立候補し、三つどもえの構図になった。
 選挙戦になった3町議選では、時津17人(定数16)、川棚16人(同14)、東彼杵14(同11)がそれぞれ争う。いずれも投票は21日(小値賀町の一部は20日に繰り上げ)で、即日開票される。