渡辺直美&有村架純のCMに「汚い!」「気持ち悪い」の批判続出!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

有村架純 

(C)まいじつ

先日、アメリカのアーティストビザを取得し、4月から本格的にニューヨーク生活を始めているお笑いタレントの渡辺直美。インスタグラムで870万人のフォロワーを誇り、国内芸能人フォロワー数ランキング1位に輝くなど、人気ぶりは折り紙付きだ。しかし最近、渡辺が出演するYouTube CMに「汚い!」と不快に思う声が殺到している。

渡辺が出演しているのはスキンケアブランド『SK-Ⅱ』の「すっぴん素肌トーク」シリーズで、現在まで合計3本が公開されている。このシリーズは、人気女優の有村架純の部屋に突然、渡辺が押し掛け、誰もが知りたい有村の〝美の秘密〟を暴き出そうとする展開。そんな渡辺に、有村が〝先生〟としてスキンケアの手ほどきをしていくというものだ。

「SK-Ⅱの歴代CMといえば、桃井かおり、小雪、綾瀬はるかなど、そうそうたるメンツが務めてきたため、起用されれば〝大物の証し〟ともいえます。今回、渡辺は起用された喜びを『憧れのブランドだったので、とてもうれしかったです』とコメント。さらに、『コメディアンの私が架純さんと少しコメディー風に製品を紹介するというアイディアが、とても斬新で撮影が楽しかったですね』と、自信満々に語っているのですが…」(女性誌記者)

 

最初の5秒で大顰蹙

問題となっているCMは第2弾に公開されたもの。有村にメーク落としを促された渡辺が、「あたしさあ、夢があって、ほらCMみたいに水をバッシャーンとスローモーションでやってみたいんだよねー」と憧れのシチュエーションを語る。しかし、両手で水を顔にぶっかけた渡辺は、誤って水を飲んで勢いよくむせ込んでしまうというオチだ。

〝CMの理想と現実〟をコメディー風に描いたこの動画に対し、ネット上では、

《YouTubeのSK-Ⅱの広告の渡辺直美がむせる? えづく? やつ、めっちゃ気持ち悪くなるからすぐさま変えてほしい》
《ドアタマに渡辺直美がむせる画が出てきて汚いからやめてくれへんかな…》
《きったねぇ始まりのやつ、不愉快なんだけどアレまじで何とかなんないの? もうね、単純に不愉快》
《SK-Ⅱ使ってるけど次買うのやめようかなって思うレベル。汚いし不快》
《このCM見るのすごくやだ…5秒が苦痛過ぎる》
《YouTubeの動画開くたびにSK-Ⅱの渡辺直美がクシャミする広告が汚過ぎて本当に嫌悪感しかない》

など、批判が続出。公式動画のコメント欄にも「もうSK-Ⅱさんの商品は買いません」とクレームが寄せられているありさまだ。

「YouTubeの広告は、流れてから5秒経過するとスキップができる〝スキッパブル広告〟が主流です。スキッパブル広告は、スキップをする・しないをユーザー自身が選択できるため、ユーザーに与える印象が良いといえます。今回の渡辺のCMもこの〝スキッパブル広告〟ですが、問題なのは『最初の5秒間に渡辺が勢いよくむせ込む映像を持って来た』ということでしょう。この5秒間はどうしたって不可避ですからね…」(広告会社社員)

〝ニューヨークのコメディアン〟の渡辺からすれば、この演出は最先端なのかもしれない。