ブラジルで邦人撃たれ死亡

67歳男性、自宅に強盗か

©一般社団法人共同通信社

 【サンパウロ共同】ブラジルのメディアによると、最大都市サンパウロ南部で15日夜、男性が強盗とみられる2人組に自宅玄関で銃撃され死亡した。在サンパウロ日本総領事館は16日、男性を現地在住の端山将明さん(67)=本籍・横浜市=と明らかにした。

 端山さんは家族と食事中、自宅前に止まった車から2人の男が降りて壁を乗り越えたのに気付き、侵入を防ごうと走って玄関ドアを閉めようとしたところを撃たれたという。

 地元警察は強盗目的だったとみて、玄関に設置された防犯カメラの映像などをもとに2人の行方を追っている。