海に落ちた男性救助 西原さん親子に感謝状 時津署

©株式会社長崎新聞社

鷺池署長から感謝状を受け取る西原さん(左)=時津署

 時津署は11日、海に落ちた男性を救助した諫早市多良見町のパート従業員、西原俊幸さん(67)と、長女で京都府綾部市の団体職員、西山亜紀さん(39)に感謝状を贈った。
 2人は3月31日夕、長崎市琴海村松町の国道を車で走行中、男性が堤防から海に転落したのを目撃。係留中のボートにしがみついていた男性を西原さんが引っ張り上げ、西山さんが通報した。男性は無事。同署によると、この日は寒かったため、救助が遅れると危険な状況だったという。
 西原さんは、帰省していた西山さんや孫たちと外出し、帰宅する途中だった。
 贈呈式は11日、同署であり、西原さんが出席。鷺池満治署長が「迅速な行動で尊い人命を救っていただいた」と感謝状を手渡した。西原さんは「救助の間、孫たちも含め、家族全員が自発的に役割を果たしてくれた。人助けができてよかった」と話した。