新旧スープラが登場!トヨタの今年のテーマは「Neo Classic 80's」【オートモービルカウンシル2019】

©オートックワン株式会社

トヨタブース【オートモービルカウンシル2019】

懐かしい80年代のマークIIグランデやソアラの姿も

オートモービルカウンシル2019

2019年4月5日~7日まで幕張メッセを会場に開催された「オートモビルカウンシル2019」。貴重なクラシックモデルの展示即売会という側面のほか、各自動車メーカーがそれぞれ趣向を凝らしたブース出展をしている点も来場者の楽しみのひとつとなっている。

トヨタ自動車のブースでは「Neo Classic 80's」と称して、80年代に人気を集めた3台を展示。ボディカラーも当時大流行したホワイトパールで揃える念の入れようだ(これは偶然だったそうだが)。そして今回展示された新型スープラを除く3台はどれも元オーナーカーであり、一般のユーザーが普通に使用していたものを譲り受けた車両とのこと。当然、展示に際して若干の手直しはしているそうだが、シートの張替えや全塗装など大掛かりなことはしていないというから、その愛されっぷりにも驚かされてしまった。

1988年式 スープラ 3.0GTターボ(MA70型)

1988年式 スープラ 3.0GTターボ(MA70型)/トヨタブース【オートモービルカウンシル2019】
1988年式 スープラ 3.0GTターボ(MA70型)/トヨタブース【オートモービルカウンシル2019】

セリカXXの輸出名であったスープラを初めて国内でも冠した70系スープラ。展示されたモデルは87年1月にマイナーチェンジが実施され輸出仕様と同様のワイドボディをまとった3.0GTターボだった。

3.0GTターボには当時最高クラスの出力230PSを発生させる7M-GTE型直列6気筒ツインカム24バルブインタークーラー付ターボが搭載されている。70スープラにはロアグレードからトップグレードまですべてのグレードで6気筒エンジンが搭載されており、一番ベーシックなグレードに搭載されたエンジンは105PSとローパワーだが、それでも直6エンジンのフィーリングは素晴らしかったそうだ。

カーセンサーブースには80スープラが展示されていた【オートモービルカウンシル2019】

なお3.0GTターボは90年2月のマイナーチェンジで当時の自主規制値いっぱいの280PSを発生する2.5リッターツインターボの1JZ-GTE型エンジンへと置き換えられ、一足先に消滅してしまっている。

ちなみに70スープラの隣には間もなく発売がスタートする新型スープラが展示され、さらに同会場内のカーセンサーブースには80スープラが展示されており(こちらも共にホワイトパール)、一つの会場内に70、80、90のスープラが勢ぞろいという貴重な空間となっていた。

1986年式 マークIIハードトップ グランデ ツインカム24(GX71型)

1986年式 マークIIハードトップ グランデ ツインカム24(GX71型)/トヨタブース【オートモービルカウンシル2019】
1986年式 マークIIハードトップ グランデ ツインカム24(GX71型)/トヨタブース【オートモービルカウンシル2019】

ハイオーナーカーとして一世を風靡したマークII。初代から数えて5代目となるX70系は、先代までの「コロナ・マークII」から「マークII」へ正式に名前が変更されたモデルであった。チェイサー、クレスタとの3兄弟だったが、マークIIはハイオーナーカーとして、チェイサーはスポーティーなサルーンとして、クレスタは高級なパーソナルカーとして性格付けがされていたのも今考えれば贅沢な話だったと言える。

今回展示されたグランデ ツインカム24はデビュー当時のトップグレードで、内装のワインレッドのソファーのようなシートは今見ても衝撃的。搭載されたエンジンは先代の後期型から追加された1G-GE型直列6気筒エンジンで、グレード名からも分かるようにツインカムであった。今でこそ何の変哲もない実用車でもツインカムエンジンが搭載されているが、当時としてはツインカムと言えば高性能エンジンの代名詞だったのである。ちなみにこのハードトップのグランデは1985年度のグッドデザイン賞を受賞しているだけに、今見てもそのシャープな造形には惚れ惚れしてしまうことだろう。

なお、マークIIには今回展示されたハードトップのほか、セダンとワゴン、バンと4つのボディタイプが用意されており、ハードトップとセダンは1988年8月にフルモデルチェンジを受けるが、ワゴンとバンは1997年までX70系が継続生産されており、数年前までは地方自治体所有の車両として活躍する姿を見ることができた。

1989年式 ソアラ 3.0GT エアロキャビン(MZ20型)

1989年式 ソアラ 3.0GT エアロキャビン(MZ20型)/トヨタブース【オートモービルカウンシル2019】
1989年式 ソアラ 3.0GT エアロキャビン(MZ20型)/トヨタブース【オートモービルカウンシル2019】

1981年にトヨタが満を持してリリースした高級スペシャリティークーペであるソアラは、瞬く間に大人気車種となり、86年にはフルモデルチェンジを果たして2代目となった。見た目こそ大成功を収めた初代のキープコンセプトであったが、メカニズム面では当時の最先端のものを惜しげもなく投入。当時のバブル景気と相まって、300~400万円クラスのソアラが飛ぶように売れていたのである。

そんな2代目ソアラの集大成とも言えるのが、今回トヨタ博物館の所有車として初披露となったこの「3.0GT エアロキャビン」だろう。1989年4月に500台限定で販売されたこのモデルは、ご覧の通り電動折りたたみ開閉式のメタルトップを備えたモデル。この電動でルーフを折りたたんで格納するというギミックは市販車としては世界初のものであり、現在存在するメタルトップ車の元祖と言えるものなのだ。

しかし、いくら折りたたむとはいえ、ルーフ部分をリアセクションに格納するためにはスペースが必要ということでリアシートはオミットされ、収納するトランク部を広く取るためにCピラーを前進させている。つまり、通常のソアラのルーフをカットしただけのモデルではないというわけなのだ。

[筆者:小鮒 康一/撮影:和田 清志]