<ロッテ>売り子ペナントレースが熱い!2位に元売り子アイドル!

©株式会社千葉日報社

売り子ペナントレース2位の今井さやかさん。元マリーンズカンパイガールズ

 千葉ロッテマリーンズは、売り子ペナントレースの開幕2カードを終えての途中集計結果を発表した。(ちばとぴ!=千葉ロッテマリーンズ チャンネル)    1位はハンデも加えて、りかさん(サッポロビール)の962杯(3年目のため130%計算で1251杯としてカウント)。2位には売り子アイドルグループとして活動し、17年に解散したマリーンズカンパイガールズのリーダーで売り子歴12年目・今井さやかさんの1206杯(12年目のためハンデはナシ)が肉薄している。3位は近藤晃弘さん(ソフトドリンク)の538杯(24年目も、ソフトドリンクのため200%計算で1076杯としてカウント)、4位・ミシェリさん(ビール)の892杯(4年目のため120%計算で1070杯としてカウント)、5位あやかさん(ビール)の758杯(2年目のため140%計算で1061杯としてカウント)と続いた。

 昨年は立ち売り販売のドリンクメニュー(ソフトドリンク含む)を販売している、売り子経験5年以内が条件だったが、ハンデをつける形で売り子年数に関わらず参加できる事になっている。また男性も参加可となり、参加者は110人(昨年88人)で行っている。

 なお今年のルールは次の通り。

 1.参加者の勤続年数によって、日々の売上杯数にボーナスを加えた数量を確定杯数とする。 1年目:1日の売上杯数の150% 2年目:1日の売上杯数の140% 3年目:1日の売上杯数の130% 4年目:1日の売上杯数の120% 5年目以上:ボーナス無し。 ※ソフトドリンク・日本酒は勤続年数に関わらず200%設定とする。

 2.月ごと(3月は4月度と合わせて集計する)に売上杯数1位の売り子を決定し、9月に実施する決勝ラウンドへの進出権を獲得。9月(10月に試合があれば加える)は各月の勝者で杯数を競い、9月にハンデを含み、トップが優勝となる。

 優勝した売り子には多大なる栄誉と優勝賞品として「ハワイアン航空 成田-ホノルル往復ペア航空券」がプレゼントされる。

 2位の今井さやかさんは「プロ野球が開幕したことで久しぶりに多くのお客様にお会いすることができました。また、「今シーズンも会えて嬉しい」というお客様からのお言葉も嬉しく、今年も売り子を続けて良かったと改めて感じています。ペナントレースもまだまだ始まったばかりですが、ハンデ無しでも必ず優勝できるよう笑顔で頑張ります!!目指せ!!マウエ↑」と意気込みを語った。