「CL衝撃敗退のユヴェントス、夏に獲得したい5人のスター」

©株式会社コリー

クリスティアーノ・ロナウドという大型補強を行いながらも、またしてもUEFAチャンピオンズリーグ優勝が成らなかったユヴェントス。

ここでは、『sportskeeda』による「この夏にユーヴェが獲得しうる大物選手」を見てみよう。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

マタイス・デ・リフト(アヤックス)

ユーヴェを奈落に突き落とす決勝ゴールを決めた若きセンターバックは、メガクラブがこぞって獲得を狙う大器だ。

ユーヴェの守備陣はアンドレア・バルザーリが引退するなどベテラン勢が多い。19歳にして完成されたパフォーマンスを見せるデ・リフトは補強候補としてまさにうってつけだろう。

守備力、正確なパス、さらにはリーダーシップまで兼ね備えている完璧な人材だ。

ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)

ユーヴェが実質0円で獲得した後、当時世界最高額でユナイテッドへ移籍したポグバ。

モウリーニョ体制下ではパフォーマンスが落ち込んだが、スールシャール監督のもとで復活を遂げた。

シャープさを取り戻すと、ゴールに絡む活躍を続けている。彼ならばどんなチームでもファーストチョイスになるはずだ。

ジダン監督のレアル・マドリーが獲得に迫っているとも伝えられているが、ユーヴェはドウグラス・コスタを含めた取引を提案しているとも。

アレックス・グリマルド(ベンフィカ)

バルサのカンテラ育ちの彼は、欧州で最も有望なサイドバックのひとりへと成長した。

DFながら今季はアシストだけでなくゴールまで量産している。守備力も過小評価されるべきものではない。CLで素晴らしいタックル数を記録したのだ。

ユーヴェの左SBはアレックス・サンドロだが、彼にはマンチェスター・ユナイテッドなどが接近しているとも。代役候補筆頭はレアルのマルセロだったが、ジダンの監督復帰でやや微妙になりつつあるので…。

マウロ・イカルディ(インテル)

今季のユーヴェにはメインとなるストライカーが欠けていた。

また、ロナウド加入によって、パウロ・ディバラの去就は不透明になっている。マリオ・マンジュキッチは頑張っているが、彼は脇役として輝くタイプだ。

ユーヴェはロナウドを1トップに置くこともあるが、誰かと組ませたほうがいいだろう。イカルディなら、それを解決するベストアンサーになりうる。

インテルとの関係がこじれにこじれたイカルディだが、試合には戻ってきた。ただ、ディバラとのトレードなら…。

ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)

19歳にして驚異のプレーを続けている彼には数多のメガクラブが興味を示している。ただ、このポルトガルのセンセーションはユーヴェ行きが濃厚との情報も。

1.2億ユーロ(151億円)もの移籍金が必要とも言われているが、将来的にロナウドの後継者になれるほどの可能性を秘めている。

ロナウドだけでなくジョアン・カンセロも所属しているユーヴェは、ポルトガルコネクションをフルに活用して、獲得にこぎ着けようとしているようだが…。