時速210キロで走行疑いで逮捕

新東名の速度引き上げ区間

©一般社団法人共同通信社

最高速度が試験的に時速120キロに引き上げられた新東名高速道路の新静岡IC―森掛川IC間=3月1日

 新東名高速道路の試験的に最高速度を120キロに引き上げている区間で、乗用車を時速210キロで運転したとして、静岡県警高速隊などは17日、道交法違反の疑いで、静岡市葵区田町、無職大原昌裕容疑者(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月24日午後10時ごろ、静岡県内の新東名高速上り線で、最高速度を90キロ超えて走行した疑い。

 県警によると、速度違反自動監視装置が違反車両を検知。写真を解析し、ナンバープレートなどから大原容疑者を特定した。

 新東名高速では3月1日から、森掛川インターチェンジ(IC)―新静岡IC区間で、110キロだった最高速度を10キロ引き上げている。