住宅に小型機突っ込む、6人死亡

南米チリ南部、住人は不在

©一般社団法人共同通信社

小型機が墜落し、炎上した住宅=16日、チリ・プエルトモント(ロイター=共同)

 【サンティアゴ共同】南米チリ南部プエルトモント近郊で16日、飛行場を飛び立ったばかりの小型機が住宅に突っ込み、機長と乗客の計6人全員が死亡した。当時、住人は不在で住宅側に人的被害はなかった。地元メディアが伝えた。

 小型機はサケ養殖所の社員を乗せて、南部アヤカラに向かっていた。当局が墜落原因を調べている。この飛行場では過去3年で3回目の小型機墜落。地元市長や住民からは飛行場の移設を求める声が上がっている。