酒気帯び容疑で米兵逮捕、沖縄

また不祥事

©一般社団法人共同通信社

 沖縄県警沖縄署は17日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)所属の空軍兵長ザッカリー・ランソム容疑者(26)を現行犯逮捕した。署によると「酒が抜けていると思った」と供述している。

 逮捕容疑は17日午前4時45分ごろ、同県北谷町美浜3丁目の国道58号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 北谷町では13日、米海兵隊所属の海軍兵(32)が知人の日本人女性(44)を殺害後に自殺したとみられる事件が起き、在沖縄米軍トップのエリック・スミス在日海兵隊司令官が謝罪したばかり。