アーモンドアイ、凱旋門賞見送り

「ベストの選択ではない」

©一般社団法人共同通信社

ドバイ・ターフで優勝したアーモンドアイとルメール騎手

 3月のドバイ・ターフで海外競馬のG1を初制覇したアーモンドアイ(4歳牝馬、国枝栄厩舎)が、10月のフランスG1、凱旋門賞の登録を見送ることが17日、馬主のシルク・ホースクラブのホームページで発表された。

 レース後の馬の様子や長距離輸送での体調の変化などを精査した結果、凱旋門賞への挑戦は初めての環境など全てがタフな条件となるため「ベストのレース選択ではない」との結論に至ったという。国枝調教師は「期待が大きかったですから…。トータルで検討した結果。残念だが仕方がない」と言葉少なに語った。