訪日外国人消費、1~3月横ばい

客数増も1人当たり5%減

©一般社団法人共同通信社

外国人観光客らでにぎわう大阪・道頓堀の繁華街=1月

 観光庁は17日、今年1~3月に日本を訪れた外国人旅行者の消費額が、推計で1兆1182億円だったと発表した。前年同期比0.5%増とほぼ横ばい。同期間の訪日客数は前年より増えたが、1人当たりの消費額が5.9%減の14万3206円にとどまった。人数の最も多い中国人が以前ほど買い物に出費しなくなったことが影響した。

 18年度の訪日客数は推計3162万人で、前年度比6.2%増。このうち3月は前年同月比5.8%増の276万100人で、3月では過去最高だった。

 1~3月の消費額の最多は中国の4021億円で、台湾1501億円、韓国1479億円、香港807億円と続いた。