海保、海を知る新サイト運用開始

海水浴場、潮干狩りの場所なども

©一般社団法人共同通信社

海上保安庁が運用を始めた「海洋状況表示システム」の開始式で、拍手する石井国交相=17日午後、東京・霞が関

 海上保安庁は17日、政府が持つ海に関する「ビッグデータ」を活用し、計200項目以上のデータを掲載したウェブサイト「海洋状況表示システム」の運用を始めた。

 地図上にデータを重ね合わせて表示することができる仕組みで、愛称は「海しる」。地図には海水浴場や潮干狩りの場所なども盛り込まれた。海保は、水産、海洋開発といったプロだけでなく、一般のレジャー目的の利用も期待している。

 サイトに掲載されたデータは、天気図や風速、風向き、水温などの気象関連、海保が出す航行警報など安全に関する情報、湿地、干潟、ウミガメ産卵地などの環境保全地域関連のように各分野にまたがる。