モンキー・パンチさん追悼、「ルパン三世 ルパンVS複製人間」を4月19日放送

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビは、「ルパン三世」の原作者で漫画家のモンキー・パンチさんの訃報を受け、4月19日放送の「金曜ロードSHOW!」(金曜午後9:00)は予定を変更し、モンキー・パンチさんの代表作である「ルパン三世」の劇場版第1作「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」を編成する。当初放送を予定していた「名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)」の放送については未定。翌週4月26日は「名探偵コナン ゼロの執行人」を予定通り放送する。

モンキー・パンチさんの「ルパン三世」は、原作誕生から50年以上にわたり日本のみならず世界中の幅広い世代に愛されている人気作品。モンキー・パンチさんが生み出した魅力ある個性豊かなキャラクターたちが今も人々を魅了し続けている。これまで「金曜ロードSHOW!」では、「ルパン三世テレビスペシャル」の第2弾「ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎」から昨年の第26弾「ルパン三世 グッバイ・パートナー」までを放送。今回は、記念すべき劇場版第1作「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」をおくる。アクション、ストーリー、心躍るテーマ曲…すべてが最高にかっこよく、最強の敵・マモーとルパンが大バトルを繰り広げる伝説の名作となっている。