新天皇即位で岡山市が記帳所設置 本庁舎に5月1~3日

©株式会社山陽新聞社

岡山市役所

 岡山市は17日、皇太子さまの新天皇即位に合わせて慶祝行事を行うと発表した。即位の5月1日から3日まで本庁舎へ記帳所を設け、1日には市有2施設を無料開放する。

 記帳所は3日間とも午前8時半~午後5時15分、本庁舎1階の北側玄関ホールに設置する。市のホームページには電子記帳できるページを設け、1~5日に受け付ける。いずれも後日、宮内庁に届ける。皇室の慶事で市が記帳台を設けるのは、天皇陛下在位20年を記念した2009年以来となる。

 無料開放するのは、岡山シティミュージアム(北区駅元町、5階の常設展のみ)と市立オリエント美術館(同天神町)。市総務法制企画課は「多くの人の祝意を受け付け、祝賀ムードを盛り上げたい」としている。