【MLB】「えげつねぇぇぇ」ヤ軍27歳三塁手の“美守”が凄い「そのボディコントロール!」

©株式会社Creative2

ヤンキースのジオ・ウルシェラ【写真:Getty Images】

三塁線打球を捕球→芝で足を滑らす→体勢を崩しながらも一塁へストライク送球

■ヤンキース 8-0 Rソックス(日本時間17日・ニューヨーク)

 ヤンキースのジオ・ウルシェラ内野手が17日の本拠地レッドソックス戦で“クレイジー・スロー”を炸裂させた。

「6番・三塁」で先発出場。見せ場は6回の守備だった。先頭・ベッツの三塁線を襲う打球を逆シングルで捕球。三塁ファウルゾーンの芝に足を滑らせ、体勢を崩しながらも一塁へ矢のような送球で三ゴロとした。

 MLB公式ツイッターはその”好守”を「この送球はクレイジーだ」と動画でアップ。ファンから称賛の声が並んだ。

「ウルシェラは史上最高の三塁手」

「マチャドより良い」

「マチャドとアレナドより良い」

「ワオ!!!!!」

「常軌を逸している」

「えげつねぇぇぇぇぇぇ」

「そのボディコントロールと肩の強さ!」

「ヤンキースファンじゃないけど、これはすごい送球!」

 27歳のウルシェラは15年にインディアンスでメジャーデビュー。18年途中にヤンキースへ加入し、4月6日にメジャー昇格した。今季はここまで9試合出場し、20打数6安打の打率.300、0本塁打、2打点を記録している。故障者続出のヤンキースだが、ウルシェラはファン絶賛の好守を武器にメジャー定着をしたいところだ。(Full-Count編集部)