元日本代表の高原さん、沖縄で国産コーヒー豆に挑戦! 選手と一緒に栽培「新たな産業に」

©株式会社沖縄タイムス社

コーヒーの苗木を前にプロジェクト成功へ意気込む(右から)和田浩二琉大農学部長、高岡浩三ネスレ日本社長、高原直泰沖縄SV代表、金城秀郎名護市副市長=17日、東京都渋谷区・ネスカフェ原宿

 【東京】サッカー元日本代表選手の高原直泰氏が代表を務めるサッカーチーム「沖縄SV(エスファウ)」とネスレ日本(高岡浩三社長)は17日、沖縄で大規模な国産コーヒー豆の栽培を目指すプロジェクトを始めると発表した。栽培地となる名護市が農地の確保などを仲介し、琉球大学が栽培ノウハウを提供。産学官が連携し、コーヒーを沖縄の新たな特産品にすることを目指す。

ネスレと提携

 23日に第1弾として、苗木240本を名護市許田の沖縄SVコーヒーファームに植え付ける。2020年4月までに最大1万本を移植し、22~23年にコーヒー豆の初収穫を予定している。県内の休耕地などを活用し、栽培面積を広げていきたい考え。

 コーヒー栽培は赤道を挟み、北緯25度~南緯25度の間が適しているとされ、沖縄は北限に位置する。コーヒー豆は現在、ほぼ全量を輸入に頼っている。

 ネスレの高岡社長は「沖縄発のプレミアムな国産コーヒーにぜひ期待してほしい」と抱負。深谷龍彦常務執行役員・飲料事業本部長は「コーヒー豆はどんな作物よりも需要があり、可能性はとてつもなく大きい。栽培は簡単ではないが、成功させたい」と意欲を示した。

課題は台風

 栽培は沖縄SVの選手や地元農家らが担い、ネスレが苗木の種を提供し、栽培を技術支援する。「サッカーで地域貢献」を掲げる高原氏は「力強い仲間とともに取り組みがスタートできてうれしい。観光、ITに次ぐ産業に育てたい」と語った。

 名護市の金城秀郎副市長は「稼げる農業としてコーヒーの産地になるよう期待している」と歓迎し、琉大の和田浩二農学部長は「沖縄での栽培は、台風の強風とそれに伴う塩害が課題。研究を深め、栽培が安定するよう農学的見地から支えたい」と話した。

沖縄SVコーヒーファーム
コーヒーの苗木をテスト移植する沖縄SVの選手ら=1日、名護市許田