ジーコ氏が「潮来の日」PR J1鹿島-仙台戦、原市長を表敬

©株式会社茨城新聞社

潮来市役所を表敬訪問したジーコ氏(中央)=同市辻

J1鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務めるジーコ氏が16日、潮来市辻の市役所に原浩道市長を表敬訪問し、20日のJ1リーグ第8節ベガルタ仙台戦で行われる「ホームタウンデイズ潮来の日」をPRした。あやめ笠をかぶり、はんてんを着て5月末から約1カ月行われる「水郷潮来あやめまつり」PRにも協力するサービスぶりには周囲も驚いた。アントラーズや市によると、ジーコ氏が鹿嶋市以外の鹿行地域の市役所を訪れるのは初めてという。

ジーコ氏は原市長や職員らが出迎える中、市役所に到着。あやめ娘から花束を受け取った。市長室で原市長と懇談したジーコ氏は、「潮来の日」のアントラーズが原市長就任以降では1勝だと聞くと、「では、今週末が2勝目になります。勝利を目指してやっていきましょう」と笑顔で応じた。

さらに「サポーターの声援はとても大きな影響がある。多くの潮来市民にスタジアムに足を運んでいただき、勝利することで次の1週間を明るく過ごせるようになればいい。アントラーズの応援をお願いしたい」と、スタジアムへの来場を呼び掛けていた。

仙台戦は午後3時キックオフ。当日は潮来市在住・在学・在勤の小中高生と65歳以上、ファンクラブ会員はサポーターズシートとバックスタンド2階のイーストゾーンが無料。その他の人は同エリアが千円。また、潮来市の特産品販売のほか、あやめ娘・娘船頭による水郷いたこあやめまつりPR、同市で行われる茨城国体のボート競技のPRイベントなどが行われる。(石川孝明)