ウルトラマンタロウの息子が主人公!新TVシリーズ『ウルトラマンタイガ』7月放送開始

©株式会社ドットレンド

株式会社 円谷プロダクションが新TVシリーズ『ウルトラマンタイガ』の放送を、テレビ東京系6局ネットで2019年7月6日(土)あさ9時から開始することを発表しました。

 1966年7月より放送された『ウルトラマン』以来、50年以上にわたり巨大ヒーローを世に送り出し続けて来た「ウルトラマンシリーズ」。なかでも、2013年放送の『ウルトラマンギンガ』から昨年放送の『ウルトラマンR/B(ルーブ)』まで、テレビ東京系にて毎年放送された 「ニュージェネレーションヒーロー」シリーズでは、今回放送開始となる『ウルトラマンタイガ』で7年連続となる新ヒーローの誕生です。
 また、本作では主人公・工藤ヒロユキ(演・井上祐貴)が「タイガ」、「タイタス」、「フーマ」の複数ヒーローに変身するという、シリーズ初の試みに挑戦。新元号の下で初となるウルトラマンシリーズの最新テレビ番組『ウルトラマンタイガ』に期待です。

【あらすじ】
 地球には宇宙人が密かに移住してきている。だが、その事を知っているのはごく一部の人間のみで、一般的には知られていない。そんな社会の中で、主人公の《工藤ヒロユキ》は、宇宙人が絡む事件をもその業務内容に含まれる民間の警備組織《E.G.I.S.(イージス)》に就職し、日夜平和のために働いている。そんな彼には、本人も知らないある大きな秘密が眠っていた。それはウルトラマンタイガの“光の粒子”が体内に宿っているという秘密。
 ヒロユキの体からタイガが蘇る時、新たな物語が始まる!

【登場ヒーロー】

 今回の『ウルトラマンタイガ』では、「タイガ」、「タイタス」、「フーマ」の複数ヒーローに変身します。
●ウルトラマンタイガ
 かつて地球を守ったウルトラマンタロウ(初登場作品『ウルトラマンタロウ』(1973))の息子。本心では父親であるタロウに認めてもらいたいと思っているが素直になれない部分も。正義感が強い熱血タイプで、タイタス・フーマと共に《トライスクワッド》を結成。若く未熟ながらも平和のために戦っていくことになる。彼もまたヒロユキや仲間たちと共に一人前のウルトラマンに成長して行く。

●ウルトラマンタイタス
 ヒロユキの中に宿る第二のウルトラマン。ウルトラマンジョーニアス(初登場作品『ザ☆ウルトラマン』(1979))を輩出した、光の国とは別のウルトラの星・U40の戦士にして賢者。鍛え抜かれた肉体と健全な精神を持つ好漢で、そのパワーを生かした重量級の戦いを得意とする。

●ウルトラマンフーマ
 ヒロユキの中に宿る第三のウルトラマン。ウルトラマンオーブ(初登場作品『ウルトラマンオーブ』(2016))やロッソ、ブル(初登場作品『ウルトラマンR/B』(2018))が光の戦士となる力を授かった惑星O-50出身。素早い身のこなしや多彩な技を持ち、スピード戦法を得意とする。荒っぽい性格だが、義理堅い面も持つ。

●ウルトラマントレギア

 『劇場版ウルトラマンR/B』(2019)にも登場した、悪のウルトラマン。元々はM78星雲 光の国の出身でウルトラマンタロウと親友であったが、闇に心を染めてしまう。タイガを執拗に狙う本作通じての宿敵。

【主人公について】
■工藤ヒロユキ(22)
 民間警備組織E.G.I.S.の若きメンバー。
 心優しく正義感の強い若者。子供の頃に宇宙人に襲われたところを、偶然地球に行き着いたウルトラマンタイガの光に救われ、それ以降彼の体の中にタイガが宿っている。ヒロユキ自身にはその認識はなく、ごく一般的な家庭で健全に育つ。
 物語が進む中でタイタスやフーマといったウルトラマンにも出会い、彼らとバディーになっていく。
未知の存在を恐れず受け入れる優しい心を持ち、「人間」「宇宙人」「ウルトラマン」異なる種族の架け橋になる存在へと成長していく。