経団連、通年採用を推進へ

新卒一括の慣行見直し

©一般社団法人共同通信社

合同会社説明会の会場に向かう就職活動の学生=3月1日、千葉市の幕張メッセ

 経団連が新卒学生の採用について、通年採用を拡大していく方針を固めたことが18日、分かった。春の一括採用に偏り過ぎている慣行を見直すことで大学側と一致。学生が留学などの学業を優先させ、主体的に就職活動の時期を選択できるような仕組みづくりも検討する。これまでの「横並び」が崩れて自由な採用活動が広がれば、日本型の雇用環境が大きく変わる可能性がある。

 採用と教育の在り方を議論する産学協議会が22日にまとめる中間報告書に盛り込む。

 経団連はこれまで、学生への会社説明会や面接などの解禁日を決めた「就活ルール」を定め、大企業に順守を求めてきた。