阪神が大爆勝! 大山&中谷2打席連発、今季最多5発13得点 ヤクルトは投手陣が崩壊

©株式会社Creative2

阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】

阪神先発の岩田は9回5失点、今季初先発初勝利を4年ぶり完投で飾る

■阪神 13-5 ヤクルト(18日・神宮)

 阪神が今季最多の13得点を奪い、圧勝した。18日、敵地神宮球場でのヤクルト戦。初回に大山の先制3ランなどで4点を先制し、その後も大山、中谷の2打席連発など打線が大爆発して圧倒した。

 初回1死から北條の二塁打、糸井の四球で一、二塁とすると、大山が3号3ラン。この回4点を奪うと、3回に大山が2打席連発の4号ソロ。さらに中谷が4回、6回に2打席連発の2ランを放つと、7回には近本が3号ソロ。今季最多の5本塁打、13得点を奪った。先発の岩田は5点を失いながら、9回を投げ抜き、今季初先発初勝利を完投で飾った。

 ヤクルトは先発の大下が3回途中8安打6失点と大炎上。あとを受けた中澤も4失点、風張も3失点と投手陣が次々と失点し、大敗した。(Full-Count編集部)