ヤクルト小川監督、お手上げ「どうにもならない」5被弾、今季ワースト13失点大敗

©株式会社Creative2

ヤクルト・小川監督【写真:荒川祐史】

8点ビハインドの5回に青木、山田、バレンティンの主力3人を退ける

■阪神 13-5 ヤクルト(18日・神宮)

 ヤクルトは18日、本拠地・神宮球場での阪神戦に大敗した。先発の大下が3回途中6失点でKO。あとを受けた救援陣も阪神打線に打ち込まれて今季ワーストの13失点を喫した。

 8点の大量ビハインドとなった5回表から小川淳司監督は2番の青木、3番の山田、4番のバレンティンをベンチに一気に下げ、塩見、上田、今季無安打の廣岡を起用。小川監督は「総合的に判断して」と言葉少なだったが、愛媛・松山からの移動ゲームだった17日の試合が延長12回引き分けだったこともあり、コンディション面を考慮したもようだ。

 先発がヨーイドンで、初回に大量4失点。3回にも大山に2打席連発のソロを浴びてリードを広げられた。「ああなったら、どうにもならない。後ろにいくピッチャーも気の毒。この点差では」。大山と中谷に2打席連発、近本にも3号ソロと計5本塁打を浴びるワンサイドゲームに指揮官もお手上げだった。(細野能功 / Yoshinori Hosono)