池田市制施行 80周年 新たな時代へ向かう年~愛する池田の明日のために~

大阪府池田市 広報いけだ2019年4月号

©株式会社VOTE FOR

◆小さくとも世界に誇れるまちへ~池田市は4月29日に80周年を迎えます~
本市は、昭和14年(1939)4月29日、大阪府内で6番目の市として市制を施行しました。市章は応神天皇のころ、大陸からアヤハトリ、クレハトリの2人の織り姫がこの地に渡り、織物や染色の技術を伝えたという伝説をもとにしています。外側の井桁(いげた)は、織り姫たちが糸を染めるために水をくんだ井戸「染殿井」を、内側は、織り姫たちが織物に使った糸巻きを表し「機織り技術伝来の地」池田を象徴しています。また、本市の花・木・鳥(さつきつつじ、くすのき、やまばと)は、市制30周年を記念して昭和44年(1969)3月、市民の代表からなる選考委員会を経て選定されました。

昭和40年(1965)11月にオーストラリア・タスマニア州ローンセストン市と姉妹都市、昭和56年(1981)には中国・蘇州市と友好都市になりました。ローンセストン市から寄贈を受けた、五月山動物園にいるウォンバットは80周年を記念した動画「池田の大決闘ひよこちゃんVSウォンバット」にも表れているように、本市に定着し、市制施行70周年を記念して誕生した「ふくまる」のモチーフにもなっています。

問合せ:空港・観光課
【電話】072-754-6271

◆市制施行80周年記念NHKのど自慢も開催決定!
日時:7月14日(日)
場所:市民文化会館
※出場・観覧の募集など詳細は「広報いけだ5月号」でお知らせします。
※そのほかにも細河を中心としたアートイベントや市民会議、ボートレースの開催など、たくさんのイベントを予定しています。

◆記念式典は10月開催
また、80周年記念式典は、市制施行日の4月29日が改元などの時期と重なるため、市制施行日ではなく10月26日(土)に開催する予定です。式典では本市で活躍された方の表彰式などを企画しています。場所や詳細などは決定次第、広報誌や市ホームページでお知らせします。

問合せ:秘書・広報課
【電話】072-754-6201

80周年を記念して…
●池田市史お求めやすく
「新修池田市史」と「池田市史」史料編の価格を4月1日(月)から1,000円に改定します(別巻のみ500円)。購入場所は生涯学習推進課や歴史民俗資料館、市民文化会館、市内販売委託書店などです。詳細は市ホームページをご覧ください。

問合せ:生涯学習推進課
【電話】072-754-6674

●記念ロゴも決定
昨年12月から募集していた「市制施行80周年記念事業ロゴマーク」もこのほど決定しました。集まった171点から優秀作品に選ばれたのは東京都在住のUさんの作品です。五月山の緑とその上に広がる青空をイメージしたブルーの配色を基調に、五月山動物園にいるウォンバットや市の地形図を取り入れ「80」を爽やかに表現しています。
市では今後、職員の名刺や各種配布物、看板などで活用していく予定です。そのほかの受賞者については市ホームページで公開しています。

●冠事業を募集予定!
本市の魅力を幅広く周知するため、市民・企業などの皆さんが、実施する事業・イベント名などに「池田市制施行80周年記念」などの冠称を付けて、市内外に広くPRする事業を募集します。冠事業として承認を受けると、冠称使用のほか、可能な範囲での市ホームページなどにおける事業周知、80周年記念ロゴマークの利用など、各種特典を用意する予定です。詳細は決定次第、広報誌などでお知らせします。

●ウォンバット動画も配信
五月山動物園のウォンバットたちを主人公にしたアニメを4月中に池田市公式Youtubeで公開します。アニメのなかに登場するウォンバットたちは、実際同園にいる5頭の個性や動物園に関わる裏話などを盛り込んでおり、今後数回にわたって連載する予定です。
ぜひ動画をご覧になった上で、同園までお越しください。日本にいるウォンバットの7頭中5頭に、ここ池田市で会うことができます。

今後も事業が決まり次第、広報誌や市ホームページでお知らせします!